鉄道乗車券の上手な使い方

鉄道乗車券は鉄道会社ごとに種類が沢山

鉄道乗車券は鉄道会社ごとに種類が沢山 鉄道乗車券は鉄道会社によって異なりますが、近年では多くの方に利用してもらうために様々な種類の鉄道乗車券が発売されています。
最もポピュラーなのが普通乗車券であり、いわゆる時刻表やネット検索で出てくる正規運賃の事を指します。
それ以外に似た鉄道乗車券は回数券が挙げられますが、11枚つづり・12枚つづり・14枚つづり等が売られていて、枚数が増えるほど割引率が高くなります。
11枚以外の枚数が多いバージョンは土休日限定や乗車時間帯を限定しているケースが多いので、事前に切符の情報を調べておくとトラブルに遭う事はないでしょう。
同じ鉄道会社を1日乗り放題になる鉄道乗車券が各社から発売されていますが、乗り鉄(乗車がメイン)・撮り鉄(鉄道写真の撮影がメイン)の方や沿線の商業施設や寺社仏閣巡りなどの街歩きをしたい方におすすめです。
1日乗車券は終電まで有効のタイプか最初の改札通過時から24時間有効のタイプに分かれているので、制限時間の確認をしっかりと行っておきましょう。

自分が利用する路線の鉄道乗車券を下調べしておこう!

自分が利用する路線の鉄道乗車券を下調べしておこう! 普段通勤や通学で乗車している以外で鉄道を利用する場合は、鉄道乗車券の種類や運賃をインターネットで事前に下調べしておく事でお得に乗れる方法がわかる事がありますが、特に長距離を利用する場合は特にお得感が生まれる事が多くあります。
私鉄の多くは株主乗車券と呼ばれる切符タイプの鉄道乗車券が株主に配布されるのですが、使わないケースも多々見られるのでその際にはネットオークションや街や駅の近くにある金券ショップで売られる事があります。
株主乗車券を使えば最長区間の利用をする場合は、通常の運賃よりも割安で乗れる可能性が高いので時間に余裕がある場合はオークションなどで買っておく事をおすすめします。
乗車期限が近くなれば値下げの携行が見られるので、有効活用して交通費の節約をしてみましょう。
ちなみに、株主乗車券は短距離の利用の場合はお得感が薄まってしまう可能性も高い事から、その場合は正規運賃で乗った方が良い場合があります。

新着情報

◎2017/8/31

下調べしておこう
の情報を更新しました。

◎2017/7/31

サイト公開しました

「路線 下調べ」
に関連するツイート
Twitter